FC2ブログ

成田線 103系低窓車

紅白を見ながら書いています。今年は久しぶりに「笑ってはいけない・・・」を見ておりません・・・(笑)。

今年は実はかなり辛い1年間でした。
1月から新しい部署に異動になったものの、なかなか流れに乗れない。周りはそんなことないと言ってくれるのですが、そんな実感はまったく無く、空回りしていました。4月からはさらに新しい体制になり、とにかくついていくのが精一杯で・・・朝起きて会社に行きたくない、まさか自分がそんなことを思うとは・・・。結構信じられない感覚でした。

細い光の線のようなものが見えたのが、12月になる頃だったかな。もう今は大丈夫です。

自分なりの答えはあって、結局、会社のことで精神的に追われても何も良い方向にはいかないということ。
そんなこと、数十年前からわかっていたことですが、今回ばかりは我を失いました。
でも、これも良い経験。歳をとり、経験を重ね、会社での立場が変わっても、本質的なことは変わらないということ。年の終わりに冷静な自分に戻っていることにホッとしています。

そして・・・

大切な、本当に大切な友人が6月に逝ってしまいました。
その6ケ月後の先々週、その友人の旦那様から一通の手紙を渡されました。病気のことなど一言も告げずに去った彼女が、私宛に半年後に渡してくれるように委ねられていたそうです。見覚えのあるちまちました文字で綴られたその言葉は、私の一生の宝物です。くよくよしていたら怒られそう・・・!

さて、今年最後の投稿は成田線を走る103系を。

成田線は沿線に緑が多く、新緑の季節は103系のエメラルドグリーンがとても似合っていました。ここの103系が鉄道写真復活のきっかけでした。そんなこともあって、思いで深い1枚だったりします。

今年も1年お付き合いいただきありがとうございました。来年も写真をぼちぼち撮りながらブログ活動を続けたいと思います。皆様、良い新年をお迎えください。

あっ、嵐の順番だ・・・。
スポンサーサイト



高崎線を走る183系1000番台

当時、まだ181系も健在だったので183系はモノクロでの撮影ですね(181系「とき」はカラーでした)。
この頃、183系は勢力拡大中でなかなかカメラを向ける対象になりませんでした。

場所は桶川~北本だと思います。ここは線路脇が雑木林だったのですが、今はどうなったのでしょう・・・。

183系での「白根」運行はそれほど長くなかったような記憶があります(185系という印象です)。

こうやって見直すと、やはりカラーフィルムで撮影しておきたかったな・・・と後悔します。しかも現像が甘いし・・・。

播但線 103系3500番台低窓車

この塗装が好きな播但線の103系。まだ健在ですよ・・・ね?
鈴鹿時代は年に2回くらい足を運んでいました。その頃はキハ181も健在で、福知山線にも183系が走っていたので退屈する暇が無いほどでした。竹田城も今ほど有名ではなかったなぁ。

オリジナルに比べるとかなり体質改善されていますが、これでも103系です。

もう一度くらいは行きたいなぁ。


テニスやってないなぁ・・・

今年はスポーツをあまりやらなかったのが反省点です。特にテニスは一度もラケットを触らなかったかも・・・。

だんだん肩もあがらなくなってきたし、最低限、年一度はやりたいなぁ。

山手線 103系高窓車

ひとつ前の記事で八高線の「山手線そっくり103系」を掲載しましたので、ここは本物の山手線103系を・・・(笑)。

後ろに東武東上線の8000系が写っていますね。

南浦和から高田馬場まで7年間通学で使っていた山手線。当時、103系などにカメラを向けるなんて考えられず、この1枚も奇跡の1枚だったりします。八高線の山手線と比較するとその違いが判りますね。

さて、今年もあと2日。今日は大掃除、洗濯、そして年賀状(!)を書かなきゃ・・・です。

今日はゆっくり・・・

今日からお休み。

いろいろやらなければならないことがあるのですが、今日はゆっくりさせてもらいました。
一年を振り返ると、今年は辛い別れが多かったな。
中でも6月16日に亡くなった、会社同期との別れは今でも整理がつきません。


でも、一日一日はこうやって流れていくものです。

さっ、明日はがんばるぞー!

八高線 103系3000番台高窓車

ここ八高線の103系3000番台は、川越線電化の際に投入されたもので、仙石線で使用されていたモハ72形、クハ79形アコモ改造車の下回りを103系のものに更新した変わり種です。

一見すると山手線の高窓車ですが、尾灯掛けがあったり、冷房が分散型だったり、扉近くに開閉ボタンがあったりと見どころ満載です。八高線には三回しか訪問できず、消化不良のまま撤退となってしまいました。

なんとなく烏山線を思い出す・・・

登場したタイミングを考えるとそれは無理だったかも・・・。

どうでしょう?

この後、大糸線のキハ52は3両すべて塗り替えられてしまうのでした。新緑の風景にぴったりのこの塗装、好きだったのに・・・。

なんとなく大糸線を思い出す・・・

烏山線のキハ40。
ふと大糸線のキハ52を思い出しました。

でも1両だったけどね。

いつかキハ40を追いかけるんだろうなと漠然と思っていましたが、意外と早くそのタイミングがやってきました。



仙石線 103系低窓車

最北の103系はここ仙石線(一部、衝突実験で北海道に渡りましたが・・・)。この103系の塗装が好きで何度も仙石線には通いました。そして震災後はルートがかなり変わったと思いますが、当時はまだ海沿いを走っており、103系と海という組み合わせがとても新鮮でした。

まだ、デジカメではない時代です。陸前大塚駅近くでの撮影ですが、ここは一日居ても飽きませんでした。

プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR