FC2ブログ

動こう!

いつまでも動揺してはいられない。
被害を受け明日さえも考えることができない人がいる。
危険を覚悟で最前線にいる人がいる。

自ら動き始めなければ。





※外出を控えていましたが、気分を変えるために手賀沼周辺を歩いていたら…
 ちょこんとカワセミがとまっていました。少し穏やかな気分に。
スポンサーサイト



恐怖、不安・・・

怖かった…。

地震が発生したとき、窓際の打ち合わせコーナーで部内の打ち合わせをしていました。
ビルが少しずつ揺れ始め、その状態が収まらないどころかひどくなってくる。
「普通の地震じゃない…」
事務所のドアを開けて出入り口を確保。
もうまっすぐに歩けないほどの揺れ。

ビルは音をたてて揺れ続けます。
不安がまじった悲鳴も…。

「あっ、ママとホタは大丈夫だろうか」

電話は既に通じない。仕方なく会社メールで二人に発信。

「こっちは大丈夫。そちらは。」 14:50発信
「大丈夫。色々落ちたけど。」  15:04受信

まずは一安心。次は母と妹。
なぜか母は銀座にいた。妹も銀座の職場で無事を確認。

インターネットで状況を確認。
この時点では今の状況は想像できなかった…。

少し時間が経つ。その間も大きな余震が続く。
安心だったのは勤務しているビルに不安感がないこと。
外に出なければ安心というのは大きなこと。
窓から外を見ると古めのビルから出て駐車場に避難している人も多数いました。

会社では一人にひとつ、避難用具セットが配られています。
中にはヘルメット、包帯、水500mm2本、非常食(缶入りパン)、懐中電灯。
大切だなと思いました。

皆少しずつ家族との連絡が取れ始め、帰宅先が決まり始めます。
帰り先と帰宅手段を確認。できるだけ団体で動くよう気にします。
JR東日本は早々に当日の運転中止を発表。
意見はさまざまだと思いますが、早期の決定は駅等での混乱を避けるという意味で
良かったなと思います。

横の職場の方から「たい焼き」の差し入れがありました。
そう、食料の確保を忘れていました。暖かい食べ物と暖かい思いやりの有難さを実感しました。
ビル横にある「吉野家」は1.5時間の待ちだったそうです。
上司と近くの居酒屋に出かけます。街中は帰宅を諦め食事をする場所を探す人がたくさんいました。

そのうち母親が銀座から南浦和の自宅に無事到着とのメール。
家の中の被害もなかったようです。

朝まで過ごした後、7時から運行再開と報道のあったJR上野駅に向かいます。
ところが駅はホームの下まで人で一杯。
いったん並びましたが動き出す目処もわからず、可能な限り歩くことにしました。

水戸街道は千葉、茨城に向けていくつかの橋を渡ります。
その周辺で大渋滞が発生。浅草近くでは警察が路上に出て交通整理をしています。



隅田川、荒川、中川と渡ります。
ほとんど寝ていないためか目眩を感じながら歩きます。歩きながら寝てしまいそう。
天気が良かったのがせめてもの救い。
中川を渡った後、日差しの射す公園のベンチで少し仮眠をしました。
疲れのためでしょう、目を閉じたと思ったら意識がなくなりました。
目が覚め時計をみたらあっと言う間に30分が経っていました。

再び歩き始めます。
金町駅で一旦運行状況を把握。
緩行線が動いているのがわかりました。
改札周りも混乱していなかったのでホームにあがります。l
電車を待つ列もさほどではありません。
列の最後尾に並んだと同時に列車が入ってきました。

一斉に乗車が始まります。
自分の前あたりで横の列から「こっち、こっち!」と割り込む60歳くらいの女性。
ジャンパーをつかんで「皆、乗りたくて並んでいるじゃないか」と忠告。
こんな時に自分だけが良ければという行動は許しがたい。

結局、次の電車に乗ることができました。
普段であればもっと歩いても大丈夫ですが、体力的、精神的にダメージがあったので
このあたりが限界だったかもしれません。北柏駅まで妻が迎えに来てくれました。

未だにTVで放映されている惨状が受け入れられません。
大津波に飲み込まれる町の映像を見るたびに胸が締め付けられる。

息子は木曜まで銚子にいた。
コナン夫婦は今日から館山に旅行予定だった。
無事家族が自宅にそろっている今を有難く思います。

一人でも多くの人が助かることを願っています。
※しばらくブログ更新は休みます。どのような形かはわかりませんが、その時間も含めて少しでも被害の
復興に貢献できればと考えています。





2005年8月 銚子にて

結果判明!

先ほど整形外科から帰還。
今日は痛みのある左脇腹から腰部に加え、D300+300mm or70-200mmを長時間持ったことで悲鳴をあげて
しまった右ひじのレントゲンも撮影、診断してもらいました。

左脇腹→「支える筋肉が弱っているかなぁ。大事ではないですよ。」

右ひじ→「日常生活に支障がないならこのまま様子を見ましょう。」

「先生、写真を撮るのはメチャ日常生活なんですけど」と言いたいのをグッと我慢。
そして先週から睡眠時に痛くなってその後一睡もできないのは単なる「筋肉痛」だったと…。


あぁ、情けない…。

そのとき自分はきっとこんな顔つきだったに違いない。



「どっか絶対悪いんですよね。老化による筋肉痛なんてうそだーーーー!」

と。


まぁ、健康だったということで一安心です。

昨日は生命保険の切り替えで無事審査が通ったとの連絡があり、献血時の血液検査の結果が全て良好
だったということも知り、そして今日、先週からの痛みの原因も大したことではないことが判明。

安心して明日から館山に妻と一泊二日で旅行に行ってきます。
一足早い「春」を感じてきます。

寝不足

先週中ごろから左脇から背中奥が痛い…。
しかも就寝して3時間後くらいから痛くなる。その後は痛さで眠れず…。
会社では「石だ!石!!」と言われたもののCTとレントゲンの結果「シロ」。
明日あらためて整形外科に行くことになっています。

やっぱり寝不足はきついです。
早く原因解明させて楽になりたいよー。

こんな感じで寝たいなぁ。




「IXY持ってイクシー!」のCMかわいい。

一安心

先ほど病院から帰還。
初めてCTでの胴体輪切り写真を見ました(驚)。
なんかすごく感動しました。
ただ、おしっこの我慢が限界点で死にそうになりました。

結果…

「腎臓、膀胱、結石等の所見は一切ありません。とてもきれいです(←どう理解すればよいか?)。
整形外科を紹介するのでそちらで診てもらってください。」とのこと。紹介された先生が今日は
手術執刀中とのことで金曜にまた行くことになりました。

良かった…とりあえず一安心。ホッとしました。


今から着替えて出社です。月曜も休んじゃったし取り戻さなきゃ!

九州の燃えるような485系も引退なんですね。
派手な色に目が奪われがちですが、結構バリエーションがあったような気がします。
2月の宮崎出張時に撮り損ねたのがやや残念。

まっ、それも仕方ないですね。
長い間お疲れ様でした。







おととい伊藤つかさがTVに出ていて驚きました。もう44歳だよね。

心残り

ことごとく幸運に恵まれた今回の北陸行き。
唯一心残りだったのは419系の食パン改造ではない車両と出会えなかったこと。
色は変わり短編成化したものの元の姿を思い出すには十分な顔つき。
何度も撮影したとはいえ、惜別の撮影がしたかったなと思います。




2008年1月13日撮影

2011年の予算審議が今日で終了。
会社としての提出案の調整もほぼ完了しました。
来週の提出に向けてB/S、P/L、キャッシュフロー計算書等の作成に入ります。
ところが体の痛みが一向に取れません。
明日もう一度病院に行くことにしました。


石…かなぁ。

特急色&顔

昭和生まれの自分にとって特急と言えばこの色とこの顔でした。
南浦和に住んでいたこともあり、暇なときはチャリで線路際まで行って次々と通過する
東北、上越特急を眺めていたものです。

今度のダイヤ改正で「雷鳥」が廃止されます。
あの頃の雰囲気を残した最後の列車でした。
何度も撮影のために通いましたが、それでもなんか撮り足りないような気分です。




子供の頃は183系と485系の違いもあまり解らなかったな…。

お別れの春

春のダイヤ改正が近づきました。
毎年この時期になると新しい車両がデビューし、そして古い車両が引退します。
今年はやはり「新幹線」でしょうかね。「東洋経済」や「エコノミスト」も鉄道特集を組むほど。
「はやぶさ」登場のニュースも各局が放送していました。

489系が引退するのをつい最近知りました。
419系がこのダイヤ改正で引退することも、北陸から戻った翌日立ち読みのRM誌で認識しました。
先日撮影できた489系の「はくたか」は本当に最後の機会だったのですね。

技術が日々進歩し、古いものが無くなっていくのは当然のこと。
子供の頃から馴染みのある車両が撮影できないと思うとやはり寂しいものです。
いよいよ撮りたい対象となる車両が限られてきました。

今日は横腹痛の検査で病院に行ったのですが、月曜&雪という理由からか大混雑!
結局会社を休むはめになりました。大したことないと思うんですけどね。




もう3年前になりますが、「よねしろ色」のキハ58です。引退間近の2月に撮影しました。
キハ58もいよいよ最後なんですね。あれほどどこにでもいた車両でしたが…。
今年ももうすぐお別れの春です。

時が移って・・・

今回の北陸行の中で異色の訪問先だった大糸線。

何かイベントがあったわけではありません。
キハ52が去り、糸魚川駅横の煉瓦造りの車庫も無くなり、でもこの場所を訪問したかった。
イコ太&ぶーちゃん夫妻には申し訳なかったのですが、高山線から一気にここまで
来させていただきました。
糸魚川までは雨の空模様でしたが、ここでは雪に姿を変えていました


ここは必ず通過前にトンネル進入のタイフォンの音がします。
今回は糸魚川行きの列車を撮影するため姿が見えません。
なのでその音が接近の印。


「フォーン」


キハ52と比較するとちょっと今時な感じの音。
そして新顔のキハ120が登場しました。




新しい車両は頼もしい感じがしました。
時が移っても大糸線非電化区間の顔としての活躍を祈ります。


ちなみに2年前の1月11日はこんな姿を収めていました。




これからも機会があったら訪問したいなと思います。

この幸運に感謝!

北陸撮影行の話が続きます…。

木曜の夜、東京駅を発つ時の思いは…。
・「キハ58」の最後を撮ること。
・「雷鳥」の最後を撮ること。
・「419系や475系」を撮ること。
・「EF81の貨物」を撮ること。
こんな感じでした。

元々運用等を調べることが苦手ですし、今回はダイヤ表さえもなし。
東京駅のキオスクで小さな時刻表を購入。これが唯一の情報源です。

加越能から福岡の定番撮影地へ。
直前の北陸線の踏み切りで通過列車を待っていると、真っ赤なヘッドマークを付けた
「はくたか」が富山方面へ通過。

「見なかったほうが良かった」と皆でつぶやきながら撮影地へ。
のんびりと貨物などを撮影。そして前の記事で書いた「国鉄色485系北越」が通過。
なんかすっかり満足しながら普通電車を待っていたら…。




こいつが登場しました。
2編成のうち1編成が運用離脱していることは知っていましたし、広範囲運用の中で
この編成が撮れるとは思ってもいませんでした。

夕方には越後湯沢から戻ってきた「ボンネットはくたか」を無事撮影。




ピンポイントで行ったこの機会にこれだけ撮影できたのは本当にラッキーでした。
仲間に恵まれ、その方々の仲間に助けられ、そして偶然にも恵まれた北陸行でした。

そしてこいつも撮影できました。これも嬉しかった!




昨日、予算関係の一番大きな会議が終了。やっぱり疲れていたんですね。
帰宅したら即寝てしまいました。歳かなぁ。
プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR