FC2ブログ

残業飯の行き先開拓

この夏は猛暑。
でも円相場が83円台になったくらい久しぶりに日焼けしていません。
それもそのはず屋外にいるのは平日は朝の通勤と昼休みくらい。
土日も線路際に立つことはなくここまできました。

今日は朝から社長に年間損益の取りまとめの一次報告。
昨年からは大きく増収なのですが、年初予算には届いていません。

その結果…

再度見直しの交渉を私が各部署とすることになりました。

…まるでカプセル怪獣ですな。どうせエレキングにやられたミクラスみたいになるんだ。


遅い時間までの残業が多くなり、最近は19時ころに残業飯を食べています。
あまり食べ過ぎてもいけないのですが、適当なものもなく、コンビニも味気ない。
で、イコ太さんお奨めの「せい家」に行ってきました(イコ太さんにメールで状況報告も…!)。

私はあまりつけ麺が好きではないのですが、あまりに暑いので普通のラーメンを食べる気にならず。
こんな感じのつけ麺です。



結構美味しいです。しかも期間限定の通常580円が500円のお値打ち価格。
ビールも飲みたかったのですが、そこはグッっと我慢。
残業飯の行先が一つ増えました。



明日はいよいよ大詰めかな。
気合いいれなきゃ!
スポンサーサイト



鰻の「小島屋」

20日は母親の70歳の誕生日。
妹夫婦と「お祝いしよう!」ということで実家近くの鰻の名店「小島屋」に行ってきました。
いつも並ぶので今日は開店と同時に訪問。2番目のお客となりました。

落ち着いた雰囲気は変わりません。



次々とお客が現れて…30分ほどで満員に。
最初の方だったこともあり鰻重はさほど待たずに出てきました。



「うまい!」

鰻がふっくら。
加えて私はここのご飯も大好きです。
いつも「美味しいご飯だな」って思います。
鯉のあらいも食べて大満足。

帰り際に鰻を焼いているところを見学。
暑そーーーーーーーーー!!!



でも美味そーーーーーー!!!


元気がでました。

なんとなく・・・ですが

朝晩の空気に「秋近し」を感じます。
もちろんまだまだ油断大敵なのは判っているのですが。

最近は帰るのが遅いのですが、駅まで歩く途中のビルの谷間風がほんの少し夏っぽくない。
虫の声もやや元気に聞こえます。

年中行事になっていた「おわら風の盆」時期の富山訪問、今年は諦めました。
今年は仕方ないですね。181系やキハ58の臨時も撮れません…ぐすん。
自宅に戻って思うのは、やっぱ家族が一緒って良いなということ。
あちこち行った鈴鹿時代も充実していましたが、趣味だけに傾注するのも嫌ですし。
なので行けないことがストレスには全然なりません。
というか今は仕事に没頭すべきとも思います。

何事もバランス・・・ですよね。

今頃になると富山の稲も頭を垂れ始めるはず。
今年は会えないけど、来年はきっと・・・だな。







秋が近づいてくるのが楽しみです。

決勝戦!

夏の甲子園もいよいよ決勝戦。
今年は母校も出場。途中で負けてしまいましたが久しぶりに甲子園に「紺碧の空」が響きました。

地元の成田高校も大健闘!
最後まで応援していました。

高校1年の時、自分はアルプススタンドにいました。
同級生の荒木を擁して進んだ決勝。相手は愛甲投手を擁する横浜高校。
残念ながら負けてしまいましたが、今でも夏になるとそのときの記憶が蘇ります。

さぁ、高校球児に負けずに自分もがんばろう!



花火大会にて

先週土曜日の手賀沼花火大会の日。
予想観客は41万人とありました(我孫子市の人口が135,000人程度ですから人口の約3倍!)。

我孫子に引っ越して来て8年。会場で観たのは初めてでした。
あまり人ごみが好きではないので、今までは自宅のベランダや近くのJRを跨ぐ鉄橋で眺めていました。

今年はカメラ(D300)と三脚も持って会場へ。
結構気合が入りました。

19時からの打ち上げ。
その直前にちょっとしたハプニングがありました。

カモの親子が花火の打ち上げを待つ人ごみの中に現れたのです。
手賀沼は遊歩道が整備されていて、沼と周りの田んぼの間を走っています。
遊歩道の幅は場所によっては7m位あるでしょうか。
カモの親子は田んぼ側から沼に向って横断するように登場しました。

暗い中、最初は誰も気付きません。
しかし、さすがにたくさんの人を避けて遊歩道を横断することができません。
親カモは通れそうな場所を捜し、小カモは必死に親を追いかけます。

そして…

人間の子供がカモの親子を発見。
追い掛け回し始めました。
周りの大人が止めようとしますが執拗に追い掛け回します。
何が起こるか想像がつきます。
親カモはギリギリまで小カモと一緒にいましたが、追い回されて危険を感じたのでしょう。
子供を残して飛び立ってしまいました。

追い掛け回した子供を親そして祖父母は何事もなく眺めています。
残された小カモは懸命に親を呼びますが二度と戻ってきません。
それはそう、もう花火があがる直前。周りは暗くなっています。
人の数も相当になっていました。

たぶん沼側に住処があったのでしょう。
鳴きながら走り回る小カモはそのうちどこかに行ってしまいました。

普通に考えて親の元に戻れたとは思えません。

少し悩みましたが、隣に大家族で座っていたその子供のところに行きました。
「さっきのカモは多分お母さんと離れてしまって、この後ずっと一緒になれないんだよ」
と。

父親と思われる若者は聞こえない振り。
母親と思われる人は「ダメっていったでしょ」と子供に一言。
祖父母は「まぁまぁ」みたいな感じ。

泣き出した子供の反応に少しだけホッとしました。

後でよく考えてみたら、最初に気付いた自分や息子が回りに声をかけて遊歩道を横断させて
あげればよかったなと思います。
なんとも複雑な思いで今もいます。



実に久しぶりに

土曜は朝から母がうちに来て一緒に出かけることになっていました。
高速道路はどこも渋滞だろうから避けるとして、さてどこに行くか??
いろいろ考えた挙句「銚子」に行くことにしました。

ちょうど途中に「成田空港」があること。
そして銚子電鉄をしばらく観ていないこと。

東京に戻ってまだ一度も鉄道写真、飛行機写真を撮っていません。
今日こそは撮りたいと思っていました。

成田空港までの道は何の問題もありません。
嬉しかったのは成田新線の横を通過中に「新型スカイライナー」が通ったこと。
母親が喜んでいました。

成田は離陸ラッシュ時間に合ってしまったようで着陸の迫力ある姿を見てもらうことが
できませんでした。それでも初めて見る間近な姿に感動しているようでした。




色が個性的ですね。コレ乗ってベトナムにでも行きたいなー…。
結局結構長い時間、飛行機を眺めていました。

次に銚子へ。
長い待ち時間をがんばって食べたランチは後ほどご紹介するとして、驚いたのは銚子電鉄。
これって京王の古い車両でしたよね?
ん?どこから買ったのだろう?




これが常時いるならまたちゃんと撮りに来たいなと思います。


最後に帰り際に撮ったもの(成田線小見川駅近く)。
川面に映る提灯の明かりがきれいでした。





早実大勝!次は関東一だぞ!がんばれ!!
しかしよく打ったなー。すげー。

今夏はもう無理だな

この夏、昼間に鉄道写真を撮るのはもう無理だな・・・。
だって暑過ぎるから。絶対熱中症になってしまう。

ということで当面休みの日は「休息」に専念しようと思います。
今週末、もし可能なら金曜に休みを取ろうと思っていますが、この日は
洗濯機とエアコン工事のため自宅待機。

土曜は母親と一緒にどこかにドライブに行こうと思います。

以下は去年の今頃に撮った写真。




早いところは稲がそろそろ育ちきる頃でしょうか。




この場所に475系が走るのもあとわずか・・・。




流し撮りの練習・・・をしていたようです。


さ、寝るかな。

手賀沼の花火大会

土曜日は2年ぶりの「手賀沼花火大会」でした。
(昨年は景気悪化の影響を受けて中止に追い込まれてしまいました。)

久しぶりにカメラを持ち出して会場へ。

あまりに久しぶりだったためかD300の操作方法をすっかり忘れておりました。
これはいかんことです。

風が吹いていたおかげであまり暑くありません。
私はしばらく鈴鹿にいたので会場で観るのは久しぶり。
妻と息子と3人が座れる場所を確保して始まりを待ちます。

「ただいまから主催者を代表して・・・」

誰も聞いちゃいませんぜ、あんたの話…って感じ。


そこから「どーーーーーん!!」とスタート。
1時間半フルに花火を楽しみました。

自分の横ではお孫さんを抱いたお爺さんが一生懸命花火を見せてあげていました。
すごく楽しそうに、幸せそうに…。
いいなーと思いました。

普段の夜は電灯も点いていないような手賀沼の遊歩道。
でも今日だけは大きな歓声に包まれていました。




「こんな花火が1年に一度とは言え、家からすぐ近くで観ることができるのは嬉しいね」

帰途、妻のふとした言葉が印象に残りました。
「そうだねー、あんたとはこれからも長く観ないとね。」

そう思いつつ。

盛夏!北陸線の想い出


3年前、福井と石川の県境周辺で撮影していたとき、あまりの暑さにめまいがしたことが
ありました。列車を待つ間、車の中で待機していたにもかかわらずです…。

でも北陸線の魅力はそんなことで消されるものではありません。

私が特に好きだったのは夕方の撮影。
少し涼しい風が吹いてきて、やっと外で列車が待つことができる頃、夕焼けの陽射しが
まわりを照らします。

その中、金沢を目指して走り去る「雷鳥」。
クリーム色の車体が赤みを帯びます。

この撮影が07年の8月。まだ「雷鳥」が減便されていない頃。
日が落ちるまで撮影を続け、丸岡ICから帰途につくのがお決まりのコースでした。

あぁ、行きたいなぁ。
でも、もう「雷鳥」は…。






毎年、今頃は・・・

今週、仕事に関してやっと一つの山を越えた感じがします。
ルーチン業務も今はちょうど下期に向けての事業計画の見直し中。
資料も集まり始めているので、今度はこちらが忙しくなるのかな…。

とにかくまだ業務を一通り経験していないので、何が起こるのか予想できません。


鈴鹿にいた頃は、この時期は出社前の遠征ということで1853レを撮りに伊勢柏崎まで
良く出かけていましたっけ…!今考えるとすごい体力だなと感心します。

5月、田んぼに水が入り、田植えが終わると稲はどんどん伸びていきます。
8月の今頃になると「緑の絨毯」のよう。
有名な撮影地である伊勢柏崎のカーブで列車を待っている間、稲の育った様子を眺めるのは
なかなか気分の良いものです。朝露に濡れた稲も気持ち良さそう。




平日は原色重連でない日はほとんど人はいません。
普段はなかなかできない「少し線路に接近」した構図で撮るのも楽しみの一つ。
非電化区間ですから人工物が鉄道以外ほとんど入らない、すっきりした構図で撮影することが
できます。




こちらではこんな楽しみはできませんね・・・。

日曜は成田空港にでも行こうかなと思うのですが、あの灼熱地獄を想像すると

「カエラ的には・・・どんびき」

です。
プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR