FC2ブログ

そろそろ北陸路へ

本数が減ったとは言え「雷鳥」が健在な北陸路。
今週中にタイヤも履き替えいつでも行けるようにしておこうと思います。




RAV4も1ケ月動いていません。大丈夫かな?
スポンサーサイト



肥薩線を行く寝台列車

こんなプレミアムな列車が走るとは知りませんでした。
しかもDE10は重連!
そこそこ迫力もあってなかなかのものでした。

通過直前に勝手がわからず撮影場所を探している人に
「お~い、おまえ!どけ!!」
と叫ぶ50歳くらいのおっさんもなかなかの迫力でした。
(ほんとこの趣味はこの手の人が多いと感じます)




最近ブログをゆっくり書く意思がなくなりつつあります。
仕事でヘロヘロなことも一因かもしれません。
鈴鹿6年目、自分の着地点がそろそろ見えてくるような気がします。

国鉄色

先週土日に運転されたキハ66・67国鉄色の「リバイバルえびの」。
人吉~西人吉の開けた場所でたくさんの方々と一緒に撮影しました。
天気は生憎の雨。残念な条件でしたが文句は言うまい・・・。




色合いが微妙にキハ58と違うような・・・。それとも車体そのものが違うための
雰囲気の違いでしょうか。

結構な俊足で、追いかけて撮影するのは諦めました。

Q100 (DHC-8-Q100) に会えた!

天草エアラインのQ100に会うことができました!!!

加えて阿蘇くまもと空港を初訪問することもできました。
雄大なロケーションに素直に感動!

あらら、こんなニッチなエリアに入ってしまって良いのだろうか・・・?




セントレアで見るQ400に比べるとグッと全長が短いのですが、全体のバランスは
こちらの方が良い感じがしました。

朝7時55分

朝陽を浴びて延岡市大瀬川を渡る貨物列車。
ゆっくりした速度で南延岡へ向かいます。
この日はDEをぶら下げていました。




黄色い貨車が可愛らしくみえます。
昔遊んだプラレールを思い出しました。

まさに「ど根性ガエル」だ!


熊本電鉄を走る旧東急5000系。
自分には馴染み深い車両です。
全国に散らばったこの車両にもそろそろ終焉が訪れようとしているのでしょうか。

東急時代の塗装に塗り戻してもらったこの車両。
外観はそうとう「お疲れ気味」。
でもこの日もしっかりと走っておりました。

まさに「ど根性ガエル!」です。

見て、撮って、乗ることができて本当に良かったです♪

ド迫力!

蒸気機関車を撮影することはほとんどありませんが、今回珍しく撮る機会がありました。
少し急な直線の坂道。直線の向こうはカーブ。どんな感じで現れるのだろう…。


球磨川沿いに響く汽笛の音。徐々にその鉄の塊が近づいてくるのがわかります。


「あっ・・・!」


思わず声が出てしまうほどの登場の瞬間。
その場を離れたくなるような緊張感。
カメラを維持する手が震えます。




そのド迫力に圧倒されました。

さぁ!

このあたりに出張してきます。



経路を間違えないように・・・と。

転勤した頃を思い出す

5年前の11月に鈴鹿に転勤になりました。
最初の印象は・・・「寒い」。
山脈から降りてくる風がとにかく冷たいのです。
最初は風邪ばかり引いていました。

今年の6月に転勤してきた同僚が「コナンさん、鈴鹿って寒いっすね」と。

同じことを感じていました。

名松線沿線にも雪が積もることがあります。
大糸線非電化区間ほどではありませんが、そこそこ寒そうです。



春は来るのか・・・

ボケーっとしている間にブログ4周年と岩崎宏美の51回目の誕生日と息子の19回目の
誕生日が過ぎていました。
先週は忙しかった。正確に言うと移動が多くて寮に帰る頃にはヘトヘトになっていることが
多く、ブログを書く気力もありませんでした。で、今週もまた移動距離の多い週となります。
無理せず、体力を温存しながら活動しようと思います。

名松線の家城から伊勢奥津間が先日の台風で被害を受け代行バスによる振替輸送になっている
ようです。JRは今回復旧したとしても今後同様の被害が予想され、輸送人員と比較しても
相当の負担があることからこのままこの区間の廃線を県や地元自治体に申し入れたようです。

この区間は結構な山岳(?)区間で、お茶畑に沿ってキハ11が走る姿が可愛らしく
なかなか風情のあるところでした。鈴鹿にいる間にあと1、2回は行こうと思っていたので
廃線が実現してしまうのは非常に残念でもあります。

春は来るのか・・・



プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR