FC2ブログ

自分のペースはどこかで守りたい

今日で4月が終わり。あっという間の一ヶ月でした。
個人的には実に印象深い月でもありました。
言葉で表現するのは難しいのですが短縮するとタイトルのような感じです。

写真で表すとこんな感じかな?




判らないですね。アッハッハ。

さて私の朋友RAV4は春を迎え走り回りたそうですが、私が多忙なためやや運動不足のようです。




「あ~、あんな風に走りたいなぁ~」
とでも呟いていそうです。
スポンサーサイト



北陸線の「主役」


北陸線の主役といえばこの列車。
かつての東北特急のように北陸の主要都市と大阪・名古屋を往復します。
この車両、実は結構気に入っています。少なくとも485系のパノラマ車両より好きかな。
白い車体、優しい車内灯、そして最近少なくなった「長編成」。
特急列車らしい風格があります。

夕刻を走る姿を動画に収めてみました。
夕焼けに少し車体色が染まっています。
急ぎ足で金沢を目指し走り去って行きました。

琵琶湖の近くで

まだ日の出前の時刻に琵琶湖の近くを走りました。
関ヶ原を通過し、伊吹山を横目に木ノ本方面へ。
振り返ると今日の晴天を約束するような空とまだ眠っているような山々。

そんな風景が田植えを待つ田んぼの水面に映っていました。




古い街並もまだ眠っているようです。




清清しい気持ちになれた瞬間でした。

この景色に感動!

この土日は久しぶりにカメラを持って出かけました。
忙しい最大の原因は「仕事」ですが、それは仕方ないこと。
GWが過ぎても当分は続きそうです ○| ̄|_.. OTL.. orz..
体調を崩さないように早寝早起きを心がけています。

そうそう人間ドックを受診してきました。
詳細な結果はまだわかりませんが去年より状況は良さそうです。
気になったのが今年から始まった「メタボ検診」の胴囲計測。
「明らかに85cm以上ありますけど計りますか?」って思わず聞いてしまいました。
もちろん85cm以上ありましたよ。

今回の撮影で一番印象に残ったのがこの1枚。
雄大な景色、美しい夕陽、そして新幹線。
最後の最後に感動してしまいました。


 

「踊り子」に乗って

7月上旬にこれに乗って出張することになりました。
少し楽しみ…。



旧型客車の寝台急行

10系寝台客車が懐かしいです。
一度だけ富山の帰りに乗りました。車体色のせいか20系より重厚な感じがしました。
今の時代、このような列車はもう居場所がないですね。






臨時列車に乗って

名古屋での乗換え時に発見しました。
一度走行しているところを撮影したいと思っているのですが
使われ方が限定されているのでなかなか機会に恵まれません。

修学旅行かな?と思ったら団体用の臨時列車っぽいお客様。

でもそんな旅行も良いなと思います。
なんといってもアルコールが自由に飲める。
そんな時間が欲しいなぁ。




しばらくは無理ですが・・・。

架線だらけ・・・

101系が去ってからしばらく経ちます。
久しぶりに写真を眺めていたらこれが目に留まりました。



派手な塗装が目に付きますが、それよりバックの架線の多さ!
撮ったときは何とも思わなかったけど・・・。

パワプロとかやっていると・・・

こんな顔したキャラが登場します。



子供の気持ち

まだ息子が小学生にもなっていない頃、GW前後の日曜日に早起きをして
長野へドライブに向いました。

課題は「でんしゃのしゃしんをとろう!」

パパが高校生の頃に行った山のきれいな場所に行こうということで目指した先が「飯田線」。
当時は旧型国電が健在でしたが、今もそれらを置き換えた119系が走っています。

カメラを三脚にセットし

「自分でここだ!と思ったらこのボタンを押しな」

とだけ教えます。
やがて列車が近づいてきます。息子が緊張しながら構えている姿が目に入りました。
パシャ!パシャ!
と2度シャッター音がしたことを今でも覚えています。

少々興奮気味の息子。「撮れたかな?ちゃんと撮れたかな??」
まだデジカメではないですからその場で確認ができません。
「写真は待っている間が楽しいんだよ」
と言っても気になる様子。

そしてその成果がこれ。



親が構図を決めてあげたとはいえ、良くぞこのタイミングで撮ったなと思いました。
今ではいつまでも写真を眺めている私を呆れながら見ていますが、意外と趣味に関しては
近い感覚を持っているような気がします。

そんな息子も高校3年生。早いものです。
プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR