FC2ブログ

のんびりのんびり

田植えが終わった田んぼを横目にキハ52が走ります。
あぜ道にはマーガレットの花。

のんびり走るキハ52がこの風景の中では一番「速く」
動いています。



スポンサーサイト



曇り・・・

「今日はいくぞ!」

そんな日にかぎって曇りです。
以前より少し早く亀山を発つダイヤに変った1853レ。
下庄近くのこのポイントに4:45頃に到着。
厚い雲に覆われてお日様は顔を出す気配がありません。

まぁ、こんな日もあるか。



久しぶりのタラコ色

特にイベントもないのに人が多いなという感じで撮影をしていました。
もしかするとタラコ色のキハ52が走ったからでしょうか。
不調が伝えられていましたので、遠く彼方にこの色が見えたときは
「おぉ!」
と思わず声がでました。

新緑を全身に浴びて走る姿は爽快そのものです。









安曇野の風景

安曇沓掛で列車を待つ間に万歩計の歩数稼ぎで周辺を歩きました。










列車を待つ間の時間、自然の中でのんびりするのも楽しみの一つです。

山が見たくて・・・

大糸線を撮影後、帰宅経路で悩みました。
いつもだと富山周辺に戻って本線を撮影後、東海北陸道で戻ります。

今回は黄砂の影響がひどく、アルプスの勇姿を見ることができません。
よって大糸線をそのまま南下、どこかで残雪の山々が見えることを期待して
中央道で帰ることにしました。

白馬でやっとアルプスの姿を拝むことができました。
「よし!あそこだ!」
旧型国電の末期に訪問した安曇沓掛に向いました。
走る車両は代われど、山々の美しさは変わりません。




私の息子の名前は「穂孝」といいます。
一文字かえてありますが由来は「穂高」。
高校時代に見た大糸線の何かが私の頭に残っていました。
そんな「穂孝」は16歳。私が一生懸命大糸線に行っていた
歳になりました。豊科インター近くで夕日に輝く山々を
見ながら当時のことを懐かしく思い出していました。

北陸路の原色475系

久しぶりに(と言っても2ケ月ぶりですが)富山周辺、大糸線に行ってきました。
両日とも晴れましたが、黄砂の影響がひどかったことと風が猛烈に吹いたため
撮影には難儀しました。

東海北陸道を北上、飛騨付近ではお約束の「満天の星空」。
初めて知ったのですが、この時期3時半に空が白み始めます。驚きました。

北陸路を走る「北陸」や「能登」、「日本海」がこの時期は撮影できます。
どこで撮るか悩んだのですが、黄砂の影響で山の姿が見えないことがわかったので
福岡周辺に移動し、田植え直後の田んぼ横で撮影することにしました。

無事ここでの撮影が終了し、次はどこに行くか悩んでいたら・・・「!」




特に意味なく持ってきたDJ誌の475系の運用がここで役に立つことになりました。
黒部からの戻りをできるだけ順光で撮影できる場所を探します。
結局東富山駅の近くで構えることにしました。一つ前の普通列車を待っていたら・・・「!」
もう一編成の原色がやってきました。




そして先ほどの原色編成。6両編成はなかなかです。




この後、富山訪問の時には必ず行く回転寿司に行きました。
先日NHKでも放映されたここのお寿司は本当に美味しいです。
「岩牡蠣」が登場。夏の近づきを感じます。

午後も原色中心に動きました。
越中大門近くのポイント。今年も麦畑の間をツバメが飛び交っていました。




最後はいつもの水橋近くの陸橋です。
夕日で少し色が濃く写りました。




充実の一日でした。

心地よかったこと

今週23日、本社への出張がありました。
朝一番に鈴鹿を発たなければならず、しかも直前にバタバタしたため
白子までタクシー&白子から特急。途中渋滞もあって気が休まりません。

どうにか予定の特急に間に合いました。
名古屋まで40分。まずはゆっくり「朝寝」です。

「お客様、申し訳ありません。」
桑名を出たところで車掌さんに起こされました。
検札かなと思い特急券を渡すと
「お客様は桑名までのご乗車になっています。」
と申し訳なさそうに言われます。
改めて切符を見ると「白子→桑名」までの乗車券&特急券でした。

桑名から名古屋まで別のお客様がこの席を購入すたものの、私が寝ていたため
座れずに困っていたのです。

「あっ、すみません。私は名古屋まで買ったつもりでいました。」
と席を立ちました。すると、車掌さんは
「お客様のお声を窓口が聞き間違えたのだと思います。大変失礼しました。
 2号車に空席がございますので、ご足労ですがその席にお移りいただけますでしょうか。」
本当に丁寧な、そして自然な対応で私を導いてくれました。
私の席に座る方にも丁寧に対応されたこの車掌さんに連れられ2号車に向って歩きます。
8号車に座っていたのですが4号車のところで前方の車両を預かっていた車掌さんと会いました。
すると、この車掌さんに私の状況を伝えると
「ここからは**がご案内します。大変申し訳ありませんでした。」
と深々と頭をさげられて元の車両に戻って行かれました。

ここで私を引き継いでいただいた車掌さんも本当に丁寧な方でした。

「桑名から名古屋までの特急代はこちらのミスですので不要です。乗車券だけ
 ご購入をお願い致します。」

私は桑名→名古屋の乗車券を購入して2号車の空き席に座りました。
もしかすると私の声が聞きづらかったため窓口の方が間違って発券したのかもしれません。
いや、もしこれが会社だったら「それは別の部署のことですからわかりかねます」なんて
対応だったかもしれません。
この二人の車掌の方の接客態度の素晴らしさが強烈に私の脳裏に焼きつきました。
人と接することの難しさや殺伐さを感じ嘆くことの多い自分の業務ですが、本当はこのような
素質を持った人を一人でも多く見つけ、活躍する場所を探すのが役割ではないかと思いました。

こんな気分になったのは本当に久しぶりのことだったので書いてみました。

磐越西線の455系

間もなく置き換えが予定されている磐越西線の455系です。
風光明媚な場所を走っているのですが、この赤をメインとした塗装が
結構風景に溶け込んでいます。
新しく走る車両にもこの塗装が引き継がれたら良いなと思いました。

あと一回行けるかな・・・!?






ED75 古豪健在!

久しぶりに訪問した久田野。
やはりこの顔つきは外すことができません。
すっかり本数が減ってしまいました。
小雨の中、東北線を下るED75です。

新緑の中の赤色がきれいでした。



明日は出張だ!


一日「研修トライアル」に参加です。
面倒だなぁ。

プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR