FC2ブログ

寒い朝

東の空が濃い青色に変わってくる。
そこに白が混ざってゆっくり夜が明けてきます。

冬の朝、大糸線の頸城大野駅近くでの風景です。
葉をすべて落とした木が一本、家を見守るように立っていました。





さあ、いよいよ3月ですね。
スポンサーサイト



鹿島鉄道 浜駅の風景

我孫子に引っ越した03年夏に初めて鹿島鉄道を訪問しました。

都心部からさほど遠くない所にこんなローカル線があるんだ!
という驚きを思い出します。

特にこの浜駅。
時刻表が手書きの上に漢数字で書かれています。
「へぇ~・・・」(言葉を失う)

でもホームから見る霞ヶ浦や深い緑に心打たれ、ここから私の鹿島鉄道との
お付き合いが始まりました。

3月末で廃線、長い歴史のうち、わずか数年間のお付き合いでしたが
とても心に残る鉄道でした。









今の「きもち」

こんな感じで支えてくれ~!



木村カエラ「Scratch」

以前、木村カエラの「Snowdome」にはまってしまった話を
書きましたが、結局、ここまできました(あはは)。

で、言い訳するわけではないですがすごくいいですよ。
「Magic Music」や「TREE CLIMBERS」は
以前から聞きたいと思っていたのでフルに聞けて嬉しいです。

さらに、2007年ツアーの案内が入っていて、それを眺めていたら
「それ行ったら、やばくね?」
と息子に突っ込まれました。

「いーじゃんかよぉー、べつにさぁー」
と言い返すのが精一杯。

皆様もぜひぜひ聞いてみてくださいな。



いよいよカウントダウン

昼過ぎに我孫子を発ち、鈴鹿に戻りました(といっても会社直行でたった今寮に帰宅→悲)。
昼食を上野駅構内でとったのですが、他のお店も含め本当に立派ですね。
昔のような「立ち食いそば」みたいな雰囲気はすっかりなくなりました。
上野駅らしくない気もしますが、きっとそれはおじさんの思うことなのでしょう・・・。ハァ~。

新幹線が結構混んでいた上に昼間の時間は本数が少なく、「ここは思い切って!」と
グリーン車に乗りました。乗車した「のぞみ33号」(→うる覚え)は500系だったのですが、
私はこの500系のグリーン車の背もたれが心地よくて好きです。

木村カエラの「Scratch」を聞きながら、早くも満開を迎えた梅の花が飛ぶように流れていく
車窓を眺めていました。
途中、席を立ってトイレへ。6つくらい後ろの席で俳優の「萩原流行」さんが一生懸命
コンパクトデジカメのモニターを覗いていました。席に戻る時もまだそのまま。
何をそんな懸命に覗いていたのでしょうね?

話は変わりますが、今度のダイヤ改正で白電が土浦以南に顔を出さなくなります。
そんなこともあってか、自宅周辺にもカメラを構える方を見かけるようになりました。
昨年の東海道東京口からの113系引退に比べるとかなり人気薄ですが、最後となると
その姿を残したくなるのがファンの心情です。どうか大騒ぎにならぬよう・・・。
ここを土日車で通過しましたが、両日ともにカメラを構えている方がいらっしゃいました。





きっと3月末で廃線になる鹿島鉄道も賑わっているのだろうな・・・。

雷光

息子が雷の怖さを知らずに撮影したようです。

最近我孫子では、異常な感じで雷が発生することがあるようです。
一番ひどいときは何十分も雷が鳴り続けることもあったようです。

怖いですね。異常気象なのでしょうか。



急行「きたぐに」

いつかこの色にもどらないかなぁ~。

そうなったら岩牡蠣と合わせて会いに行くのになぁ~。



浜松機関区にて

浜松機関区にはEF58をはじめ、東海道の主力機関車がたむろしていました。
先輩と一緒にここを訪問したのはもう25年以上前になります。
冬の夕刻、夕日が低く差し込みます。
ここには写っていませんがEF58の1号機を見たのはこの時が初めてでした。

今でも新幹線で浜松を通過するときは、このあたりを見回してしまいます。



78~79年頃の東武東上線上板橋駅

昔々の上板橋駅です。
たまたま知っている方のご子息がこの駅の近くにある学校に
通うことになったとのことでスキャンしてみました。

7800系はまだ急行や準急運用についていました。
8000系は特徴の無い車両で撮影する意欲が湧かなかったような…。









鹿島貨物

週末帰ったらこのあたりに行こうかな。
東北にも行きたいけれど・・・。
今は無理は禁物だな。うんうん。若くないし。





明日は4回目の講師。これが終われば後は来週の木金の研修で終了だ!
プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR