FC2ブログ

Alice Ⅵ/アリス

私のバイブル


中学2~3年の頃、「ニューミュージック」という言葉が生まれ、アリスやオフコース等
たくさんのバンドがメジャーになり、彼らの音楽が街に流れました。
私はアリスの「涙の誓い」が大好きでこのバンドの虜になりました。
今はすっかりムードコーラス歌手と化してしまったベーやんのちんぺいですが、昔は
かっこ悪いなりにかっこよかったです。
「天才秀才バカ」を聞いていた人いるかなぁ~。

Aside
1.つむじ風
2.冬の稲妻
3.砂塵の彼方
4.センチメンタル・ブルース
5.五年目の手紙
6.血の絆

Bside
1.涙の誓い
2.街路樹は知っていた
3.ある日の午後
4.何処へ
5.フィーネ



スポンサーサイト



武蔵野線101系&103系

今は205系の天国です


先日、家族で千葉ローカル線旅行の時に乗った「武蔵野線」。
JR東日本としては結構後半まで103系が残った路線です。
私の子供のころの印象は101系。冷房車なんてもちろんなくて6両編成。
でもトンネル区間はかなり涼しい。

貨物列車の合間に通勤電車が走る珍しい路線でした。

これは103系





こちらは101系


にゃぁ~

少し大きくなったって。
また会いたいね。







千葉駅でのひととき

こんな風景もあとわずか?


昨日は出張帰りに千葉駅に寄ってきました。
スカ色の車両たちの活躍も先が見えてきたようです。
帰宅の際はこまめに撮影しようと思います。











中嶋朋子「Naked-裸」

NHKを見ていたら中嶋朋子さんが出演していました。
私はこの人が大好きです。
実は「北の国から」をほとんど見ていないので「蛍」という印象がありません。
数年前にベニサンピット(小さな劇場です)で「Naked-裸」という舞台を観ました。
彼女の圧倒的な存在感に感動したことを思い出します。

透きとおったような、しかし力強い存在感、そんな印象です。

ちいさな劇場、手を伸ばせば触ることができるくらい。
その中での彼女の演技は近寄りがたいほどのものを感じました。

お母さんになって優しい表情も見ることができるようになりましたね。
来週は「グータン」にも出るようです(山口もえと内田恭子と一緒に⇒なんでだろ?)。

センチメンタルI・Y・O/松本伊代

ガリガリとデビルガールズ


「まぁ、なんと細い子なんだろう。」という第一印象。
「まぁ、なんと鼻声なんだろう。」が第二印象。
「まぁ、なんと歌が下手のだろう。」が第三印象。

でも今もあまり変わらないですね。
このアルバムもずいぶん聞き込みましたが、私が一番気に入っていたのが
「TVの国からキラキラ」のB面「PATA PATA」。
糸井重里さんの作詞だったと思いますが、この歌がやけに気に入っていました。
「こっちをみてパタパタ♪」と始まるのですが、今ではもう聞くことはできないのでしょうね。
まぁ、積極的に聞きたいとも思いませんが・・・。



悪あがき

変更しなければ良かった・・・


今日は10時から日比谷で会議ということで、早朝に鈴鹿を経ち東京へ向いました。
名古屋での乗り換え時に1本早い「のぞみ」へ変更が可能だったので窓口で変更して
新幹線ホームへ・・・。

そう忘れていたのです。
在来線ホームに一度寄ってから行くために10分ほど余裕をみていたのです。
目的は2つ。一つは113系が朝のこの時間帯に名古屋着の可能性が高いこと。
もう一つは過去の経験から、たまに機関車がホームに停車していることがあること。

そんなことすっかり忘れてホームについた私の目の前にEF64の2号機が・・・。





なくなく遠くから撮影。そのときなんと113系が・・・。





こうなったらどうにかして撮ったれ!と車内から撮影。

で、この後オチがありまして、実は昨晩インターンとの飲み会で飲みすぎ二日酔いだったため
奮発してグリーン車だったのです(だから車内から撮影する勇気があったのですが)。
ところが私の後ろの席に座ったのがなんと弊社の役員、それも相当上位。秘書室時代に大変お世話に
なっていた方です。
役員「おぉ、コナン君じゃないか。あっ、今鈴鹿だったね。グリーン車なんて偉くなったねぇ~」
コナン「あっ、いや、睡眠不足なので今日は奮発しました。」
役員「そうかぁ。で、それは何?カメラ??」
コナン「あっ、そうです。デジタルの一眼レフなんです。ちょっと外を撮ってみました。」
役員「へぇ~(と不思議そうな顔)。じゃぁお互いゆっくり行こうか。」
コナン「あああ、そうですね。」

あのさ、グリーン車6人しかいないのに・・・。

小湊鉄道にて・・・

整列!


整然と並ぶディゼルカーにはそんな掛け声を受けている感じがしました。実際は日曜日ののんびりした雰囲気でしたが。



「雲はわき、光溢れて・・・」

一週間が経ちました


今年の夏は忘れることができないでしょう。
早実の優勝はもちろん、個人的にも色々ありました。

そんな2006年夏に「乾杯!」。



大原で食べた「トマトのジェラート」

美味しかった!!!


「いずみ鉄道」で終点の大原に到着。爽やかな山間部と一変、蒸し暑い駅前でした。
乗換えまで20分ほどあり、やることなく駅前を歩いていたら・・・「ん?」
カップのアイス食べている方がちらほら。

息子はアイスが大好き(ガキんちょの頃から)。見逃すわけがなく「行こ!」。
お店をすぐに発見。10種類ほどのなかから私はこの「トマトのジェラート」を選びました。
酸味と甘みが同居した実に美味しいジェラート、大満足でした。

今度は秋に温泉も兼ねて来ようということになりました。



プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR