FC2ブログ

いよいよ撤退ですね・・・武蔵野線103系

いよいよ武蔵野線からも103系が撤退のようですね。3年くらい前から置き換えが加速しましたが、これで103系の走るJR東日本の路線は鶴見線と常磐線だけになりましたね。西日本の103系も大阪環状線への201系導入が始まるようですし、徐々に・・・という感じを受けます。
しかし、常磐線の103系がこんなに後まで残るとは思わなかったなぁ。

スポンサーサイト



常磐線の103系

マト7・22・31編成はいつ頃まで走ることができるのでしょうか?先日我孫子に帰る際、一本後の快速がマト7だったのですが北千住駅のホーム端にたくさんの人がカメラを構えていました。ということは今度のダイヤ改正までなのかなぁ、なんて思いながらの帰宅でした。エメラルドグリーン色はお気に入りだったのになぁ。
今日は既に廃車されてしまった編成を紹介させていただきます。

秋の風景




今日みつけた秋の風景です
1.加太近くで見つけた紅葉
2.旧社宅用地の桜並木
3.単身赴任寮のベランダから

急行型の代表選手・・・165・169系

急行型といえば165系を思い出します。大糸線に向う際の「アルプス」や上越線の「佐渡」等が頭に浮かびますが、古いネガをみると直流区間の各地で活躍していることがわかります。最後は何度かの「さよなら運転」で見送られ、その人気の高さを感じました。

EF8195号機・・・妻が褒めた機関車

くだらないタイトルでごめんなさい。北柏~我孫子間で貨物が本線の特急等をやり過ごすため停車する時があります。どうもそれで95号機が停車していたのを仕事帰りの妻が発見して「ば~ぁん!ってEF81ってペイントしてあってかっこよかったよ」と私に話してくれました。後にも先にも妻の口から鉄道の話がでたのはこれっきりです。褒めてくれただけよしとしています。
実は私この機関車がヘッドマークを外した姿が好きです。
1.2003-8-24 東大宮~蓮田
2.2003-9-21 白坂付近
3.2004-8-16 北浦和付近

今日もたくさんの方々においで頂きました。ありがとうございました。

私の記憶に残るEF65P型とは

歴代のブルトレ牽引機関車の中で、その姿の美しさは今でも評価の高いP型ですが、前の項でも述べましたが浦和在住の自分にとってはなかなか見ることのできない「憧れ」の存在でした。
そして私の記憶に残っている姿はここに並べたものです。高崎線や武蔵野線で貨物を牽引するP型は、それはそれで絵になりました。現在は535号機と501号機が健在ですね。一度寝台を牽引してくれないかなぁ~。でもそうしたら大騒ぎですね。

JR東日本最後の「ウグイス色」・・・八高線

昔は山手線で日常の風景化していた「ウグイス色」の103系ですが、先日八高線から3000番台が引退し、ついに東日本からは全滅してしまいました。八高線の103系はその履歴に特徴があり、山手線のものとはまた違った雰囲気が漂っていましたが、その塗装がなくなったことは残念な思いがします。

地元常磐線の近郊型電車

私の自宅は北柏からほど近くにあるのですが、ベランダから柏方面に向う常磐線が見えます。E531の登場で白電がいよいよ淘汰されそうですが、数少なくなる前にじっくり撮っておきたいと思います。数年前には復活した赤電や先日までは2階建車両が走っていました。

今や「国鉄型の牙城」となりつつある広島地区

今年は広島地区へは3回撮影に赴きました。「あさかぜ」廃止直前の1月末、天候に恵まれた5月、そして11月の九州出張の帰りの駅撮りの3回です。このうち2度一緒だったI氏曰く「コナンさん、103系の墓場もここですよ。きっと」です。でも何か現実味もあるような気がします。最近、高運転台が転属してきたり、地下型改造の105系が可部線色になって転属・運用についたりと目が離せません。
また、近郊型も「デカ目」先頭車がまだまだ健在だったりして楽しいエリアであることに間違いありません。

昔は見過ごしたこともあった機関車・・・EF65一般型

先日、大阪環状線で103系を撮影していたら岡山所属の原色EF65一般型が通過していきました。予想外の出来事で非常に嬉しかったのですが、昔を思い出すと「あっ、まただ・・・」なんて構えたカメラを降ろしてしまうこともあったように思います。東海道や山陽本線ではそれほどの勢力を誇っていたものです。今では貴重な「原色」機関車としてファンから熱い視線を浴びていますね。EF210に押され気味のようですが、少しでも長く活躍してくれることを祈ります。

プロフィール

pikabui6473

Author:pikabui6473
日頃撮り貯めた写真で記事を書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR